ウェットキャットフード・総合栄養食

ウェットキャットフードには『総合栄養食』と、『一般食』があります。

『総合栄養食』とは、猫に必要な栄養素を、それだけでとれるフードのことです。

ドライキャットフードのほとんどは『総合栄養食』ですが、ウェットキャットフードは違います。ウェットキャットフードだけ与えるつもりなら、製品の表示のところに『総合栄養食』と書かれたものを、必ず選ぶようにしてください。

ウェットキャットフードは嗜好性が高いので、与えれば与えるだけ食べるようになってしまいます。1日に与える量は、必ず守るようにしましょう。

猫に必要な栄養とは

素材そのものを水煮加工した『一般食』だけでは、栄養素が足りないといわれていますが、では猫には、1日にどれだけの栄養素が必要なのでしょう。

猫に必要なカロリー

成猫ですと、1キロに対して70kcalが必要です。動きが活発な若い猫だと、体重は4キロ前後ですから、そこから1日の必要カロリーを計算すると280kcalとなります。

ウェットキャットフードだけ与える場合、85g前後のパウチ製品なら、1日3袋が目安です。

1日の食事に求められる栄養素

  • たんぱく質 1日の食事量の25%
  • 脂肪    1日の食事量の25~30%
  • 炭水化物  1日の食事量の33%以内
  • ビタミンA 200IU
  • ビタミンB2 0.5mg
  • ビタミンB6 0.3mg
  • ビオチン 950mcg
  • ビタミンD 150IU
  • ビタミンE 5mg

『総合栄養食』と書かれたウェットキャットフードには、これら栄養素の含有量表示があるはずですから、確認してみてください。

『総合栄養食』の表示

日本では『総合栄養食』と表示されていますが、米国飼料検査官協会(AAFCO)の基準を元にして設定されています。

米国飼料検査官協会(AAFCO)認定などの表示があっても、ペットフードには人間の食品に対するような、厳格な検査や違反罰則はありません。

そのウェットキャットフードに何が含まれているのか、与える前に確認するのは飼い主の役目です。『総合栄養食』の表示があっても、足りない栄養素がないかを調べるだけでなく、原料に何が使われているのか確かめましょう。

参考URL
猫が生きていくうえで必要とされている栄養素
http://www.caro.jp/eiyouso.html
キャットフードで欠かせない栄養素
http://www.almaalexander.com/nutrient.html