ウェットキャットフード・副食・間食

『副食』とは、どういう意味でしょうか。『一般食』と、どう違うのでしょう。『副食』を『一般食』ととらえることもありますが、それですと境界があいまいになってしまいます。むしろ食事ではないものと捉えるべきではないでしょうか。

『総合栄養食』はおかずとごはんのある定食、『一般食』はおかずだけ、『副食・間食』はおやつ、そう考えると、『副食・間食』の意味が、わかっていただけると思います。

人間でもごはんを食べず、おやつだけ食べているような人もいますが、やはりおやつだけでは栄養が足りません。あくまでも楽しみとして、与えるようにしましょう。

種類も豊富な『副食・間食』

食事をちゃんと食べていれば、本来ならおやつは必要のないものです。自然界で生きる野生の猫は、おやつなど食べることはないでしょう。

おやつは家猫だけの特権です。飼い主との親密な関係を築くために、与えられるご褒美なのです。

ただこの特権のおやつは、食べ過ぎると肥満になるという危険性もあるのです。どんなタイプの『副食』を与えたらいいのか、選んでみてください。

スナックタイプ

ビスケット型は、魚やエビ、肉などの乾燥したものを混ぜて焼き上げています。

スナックタイプは、外側はかりっとしたフードで、中にしっとりしたセミモイスチャタイプのフードが入っています。

どちらもドライキャットフードより喜びますが、大量に与えるとフードを食べなくなります。

乾燥タイプ

自然素材をフリーズドライにしたものです。昔からあるカツオブシや煮干しなども、『副食』として扱われるようになりました。他に鳥のササミ、砂肝、ビーフジャーキーなどあります。

硬いので、ウェットキャットフードばかり食べている猫には、噛みたい気持ちを満足させてくれるのにいいものです。

自然な素材なので、保存のための添加物や、塩が多く含まれているのか難点です。

ゼリータイプ

スティック状の袋に入った、ゼリータイプが最近は人気です。量も少なく、あっという間に食べ終えてしまうので、ご褒美としてあげるにはちょうどいいでしょう。

嗜好性はかなり高いのですが、やはり量の割に塩分や添加物が多いので、毎日あげるよりも、特別な日にだけ与えたいものです。