総合栄養食以外のウェットキャットフードの活用方法

主食にあたる『総合栄養食』のドライキャットフード、ウェットキャットフードで、お気に入りの製品は決まっていますか。

猫は犬と違い、同じフードで満足しない傾向があります。毎日同じ味だと、飽きるようです。そのためフードを変えると、今度は合わなくて下痢をしたりするので、フード選びにも苦労します。

フードは変えずに、なにかを足して食べさせることにしましょう。今はいろいろなキャットフード製品があって、食事のバリエーションが楽しめるようになっています。『総合栄養食』以外のもので、どのように食事を楽しめるか、考えていきましょう。

トッピングで大活躍の『一般食』

それだけ与えていては、栄養が足りない『一般食』ですが、いつもドライキャットフードの猫にとっては、特別なご馳走感があります。

『一般食』に特別な味付けはありません。材料をそのまま水煮して、フレーク状態、またはムースやジェルに加工しただけです。

中には魚や肉の旨味成分を添加しているものもありますが、そのせいなのか嗜好性がとても高いのが『一般食』です。

トッピングに使うには、少量で十分効果があります。水分を多く含んでいるので、ドライキャットフードにもよく混ざります。食欲がないとき、フードに飽きたときには、『一般食』を利用しましょう。

『栄養補完食』は毛艶もよくする

病気療養中の猫、食事がうまくとれない老猫、育ちざかりの子猫、授乳中の母猫、これらの猫には、『栄養補完食』が必要です。

フレーク状やミートミールタイプは、療養猫や授乳中の母猫には、いつものドライキャットフードにトッピングしてあげればいいでしょう。

子猫にはミルクタイプを、ドライキャットフードをふやかすのに使います。ミルクタイプは開封したら、すぐに使い切るようにしましょう。

歯が悪くなった老猫には、パウダータイプの『栄養補完食』を水で溶き、スープタイプやムースタイプの『一般食』に混ぜて与えます。

『栄養補完食』パウダータイプを、元気な成猫にたまにあげると、毛艶がよくなります。換毛期の後や、怪我してはげた毛が目立つときなど、いつものフードに混ぜてあげるといいでしょう。パウダーだけでなく、チューブに入った練りタイプもあります。

ウェットキャットフードだけ食べている猫の、噛みたい気持ちを満たす

猫にとっては、硬い餌を噛める顎はなくてはならないものです。それが柔らかいウェットキャットフードばかり食べていると、歯垢はつきますし、顎の筋肉も弱ってしまいます。

おもちゃを噛ませて遊ばせるとか、歯磨きをする以外に、硬いおやつで満足させてあげましょう。

塩なしの煮干しやキビナゴ干し、フリーズドライのササミ、鳥胸肉、砂肝、豚のハツなど、噛み応えのあるおやつをあげましょう。

おやつの量が多いときは、主食のフードの量は控えめにします。おいしく食べてくれるのはいいのですが、おやつの与えすぎは肥満になりやすいので、注意してください。