キャットフードの製造方法

キャットフードを含むペットフードは、すべて加熱された製品だというのはご存じですか?
市販されているドライフードやウェットフードは、その製造過程で、熱により完全に殺菌された状態で販売されるのです。では、ドライフードの製造過程は、どうなっているのでしょうか。

ドライフードの製造方法

材料を砕き、混ぜる

最初にフードの原料が細かく砕かれ、混ぜ合わされます。ドッグフードは肉ですが、キャットフードは魚や鶏肉が使われます。大量生産されているタイプは、これに穀物を混ぜます。主にトウモロコシや麦などです。

成形して乾燥

一度加熱されたフードの原料は、押出成形機に入り、おなじみの形になって出てきます。成形時の温度は120度以上160度ぐらいまであるので、ここで殺菌されていくのです。

焼くというより、蒸し焼きの感じです。カリカリとした食感を失わないよう、注意が払われています。この後、しっかりと乾燥されて完了です。

サプリメントなどの追加

加熱されることで、キャットフードの原料の栄養素の一部が失われてしまいました。それを補う必要があります。冷却する間にビタミン、ミネラル、タウリンなど、猫に必要とされるもののサプリメントが追加されるのです。

さらにここで猫の味覚を刺激する油脂や、アミノ酸混合物が加えられます。これが猫にとって、飛びつくおいしさの元になるのです。

袋詰めされて出荷

冷却が終わった製品は、袋詰めされて出荷されます。製造業者によっては、最終確認で金属の混入がないか、探知機で調べたりするそうです。

ウェットフードの製造方法

原料を細かくする

魚類は内臓、頭、骨などと身を分けます。フレークの大きさを決めて細かくカットし、缶、またはパウチ容器などに入れるのです。製品によっては、水分を追加するものもあります。

缶詰の製造工程は、人間用のものと何ら変わりません。練ったゼリー状のものも、スープタイプも、容器に入れられてから加熱されるのは一緒です。

密封から加熱

密封する前に、中の空気を抜きます。バクテリアや雑菌の侵入を防ぐためです。けれど完全に真空にはなりません。

そして密封の後、一気に加熱して殺菌します。さらにその後すぐに冷却して、品質の劣化を防ぐのです。

ドライフードの製造過程などは、人間が食べているスナック菓子と大差ありません。衛生を重視した清潔な工場で、日々フードは作られています。

参考URL
病気の猫のためにできること
キャットフードの製造方法
http://www.superchikan.com/014.html