キャットフードの内容量

キャットフードの外装だけ見たのでは、どれだけの量が入っているのか想像しづらいですね。購入するときにも、どの量がいいのか迷うところです。最後まで無駄なく食べきるためには、どういった内容量のフードがいいのでしょう。

重さだけでなく、質の面からも考えてみます。大切なのは内容量で示された重さではなく、そのキャットフードのカロリーです。安価で買いやすくても、必要なカロリーがなければ、倍量与えなくてはなりません。

ドライフードの内容量

猫が1日に必要とするカロリーは、体重×80キロカロリーです。成猫の4キロの猫なら、320キロカロリーになりますね。市販されているドライフードの100グラムが、だいたい350キロカロリーですから、1日80グラム前後食べればいいことになります。

さまざまな内容量

100グラムのものから、10キロのものまで、いろいろな内容量のものがあります。何十匹という多頭飼いでない限り、あまり大きな容量のものは必要ないでしょう。

ドライフードは開封してすぐに酸化が始まるのです。1日80グラムしか消費しないのですから、1袋を何日で消費するか考えて購入するといいですね。

600グラム、800グラム、1.5キロ、2キロ、3キロ、4キロ、この内容量が、もっともよく売られています。一頭飼いなら2キロサイズで、約三週間といったところでしょうか。

容量の多いものの中には、分包されているものがあります。これでしたら開封しなければ、酸化の進みは抑えられます。

夏場は特に傷みが早いので、内容量の少なめなものをオススメします。猫にとっても、開封したてのフードはいい匂いがして、新鮮でおいしく感じられるのですから、多少割高でも少量のものがいいでしょう。

ウェットフードの内容量

ウェットフードはドライフードと違って、製品ごとにカロリーがばらばらです。内容量も均一ではなく、缶詰の中には水分含有量が多くて、思ったより低カロリーのキャットフードもあります。

缶詰とパウチ

よく売れているのは内容量70グラム前後のものです。これらは一缶で40カロリーぐらいですから、朝晩2回だとしたら4缶ずつ与えることになりますよね。

ゴミ処理が簡単で人気のパウチですが、こちらも内容量は70グラム前後、カロリーも40キロカロリーから50キロカロリーくらいです。

大きめですと150グラムから、400グラムという缶詰もあります。ですが、それだけの量を与えても、1日に必要なカロリーは満たせません。

缶詰やパウチの少ない内容量だけでは、毎日の食事には足りないのです。ドライフードと混ぜて与えるなどの工夫をしてください。

参考URL
猫ちゃんの健康を考えるなら欠かせない知識
キャットフードと安静時エネルギー要求量
http://www.petemergencytreatment.com/energy.html